ナルト 暗い 小説

Feby 8, 2020
ナルト 暗い 小説

ナルト 暗い 小説

ナルトの心の中にある闇。 それは過去に受けた迫害にあった。 彼が守りたいものは里の民ではなく、自分を最初から自分と認めてくれた仲間がいる里であった。 そのために彼は闇の中へ落ちていく。 暗い暗い闇の底へ。 そんなナルトに落ちてくる1筋の光。

 · 話が暗い。。ナルトを憎むカカシ、ミナトを憎むナルト。そんな話なので嫌な方は見ない方がいいかと。。 ダーク&シリアス これはスレナル逆行になるのかな? ありきたりな話かもしれませんが …

"想い" is episode no. 14 of the novel series "うずまきナルトの存在意義". It includes tags such as "NARUTO", "小説" and more. こんにちは!しゃけです!よろしくお願いします!! 今回はナルト君視点です!! ひたすらに切ない、、、 書いてて私が切なくなりました、、、(何してんだというツッコミは …

そのために彼は闇の中へ落ちていく。 暗い暗い闇の底へ。 そんなナルトに落ちてくる1筋の光。 彼を救えるのは…彼女だけだった。 ナルツナつなで小説 金曜更新です。

「逆だったかもしれねえ」 ふいにナルトが発言した言葉である。 その世界では、ナルトは天才だと評価され、サスケは落ちこぼれと評価されていた。 彼は写輪眼を開眼していない。 それでも諦めない。 原作では一族を殺され、力を求めてスレていくのだが、この世界のサスケは違う。

NARUTOについて質問します。 今のNARUTOに「暗い」とか「残酷」とか言っている人がいますよね。確かにそうかもしれませんが、つまらないわけではないと思います。ただがそれごときでつまらないと言うのはおかし...

ナルトは質問したというだけなのに、とんでもない暴露をされた気分になった。 『おい、ナルト。お前の目の前にいる女は、初代火影の孫だ』 ナルトの頭の中で九喇嘛の声が響く。 『見た目に騙されるな。そいつは、もう四十四だ』 「なっ!?

ナルトがカカシをからかう話です。休止 詩 暗い道 明るい道 旅 空が青く晴れたなら 例えば・・・ 小説 ジル様とアップルパイ ハイランド中心のギャグです 最強メンバー 幻水3の時間枠で、破壊者達の話です。

naruto小説(短編)目次 naruto-ナルト小説のページです。 本編1~9 本編10~13 本編14~16 本編17~22 本編23~27 本編28~33 本編34~36 本編37~38 本編39~40 本編41~ ☆目次☆ 1.『兄さんの背中に』 (サスケ視点・シリアス)

話しかけないと話さないナルト。話しかけても必要最低限しか話さない。早くも息詰まった雰囲気だ。この班は基本的にナルトとサクラがムードメーカーで明るくしていたのだが、そのナルトがこんな調子なのでどんよりと暗い。 任務場所は大名の庭だった。

ナルト 暗い 小説